Sewayaki's Blog

福沢諭吉 と「ブラック企業」化の関係は?

日本の学校教育の「アメリカ化」

核シェルターより「草の根 反核運動」

よみがえる亡霊

忖度を生む「内閣府の肥大化」

「日本会議の研究」

厚生省は正気か?!

公職選挙法違反の応援演説

国家ファースト

安倍内閣支持率急降下!

臨時国会の召集を!

「小さな火」が戦火に変わる

国民が戦争モードに!?

暴かれた共謀罪の正体!

「ナチス病」日本で蔓延!?

北朝鮮が核開発に固執する理由

「北朝鮮の脅威」報道

森友学園問題 国会審議を与党が妨害か!

敵基地攻撃能力の保有

先制攻撃の非現実性

森友学園の闇

「テロ等準備罪」実は「共謀罪」

水道民営化「貧乏人は水を飲むな!」?

「教育勅語」とは?

「家庭教育支援法」本当の狙い

「朝鮮戦争終結」☞「日本独立」

「沖縄ヘイトデマ」の意図

デマには真実で対抗を!

「一に辺野古、二に辺野古!」

台湾 脱原発へ!

日本の奪われた空

「逃げ切れ!日本の医療!」

『TPPのバスの終着駅は日本文明の墓場だ』

オスプレイ墜落事故

「積極的平和」の正体はこれ!

「勾留中に暴行死」 拷問?

「TPP協定」 は死語に?

世界一高い日本の選挙供託金 

中村哲とアフガニスタン

泉田新潟県知事

伊方原発、ついに再稼動!

「押しつけ憲法」否定の新資料発見!  

2016年8月15日

今、沖縄で 起こっていることは「鎮圧」だ!

市民運動が実った!

高江沖縄米軍基地 1)

高江沖縄米軍基地 2)

高江沖縄米軍基地 3)

「チェルノブイリ法」

「不正選挙防止」と「開票作業の観覧」

戦争反対の人のための選挙情報

自民党議員を落選させよう!(金銭疑惑)

「独裁と戦争」は「反共政策」から始まる!

「野党共闘」民進党の本気度は?!

「惨事便乗型・壊憲」に要注意!

「TPPは悪い貿易だ!」「批准してはいけない!」

原発(核湯沸かし器)の恐怖

ベルギーで自爆テロ! 原発が危ない!

「世界報道自由ランキング」

日本の市民の「反核運動」

自民党とCIAのただならぬ関係

電力小売全面自由化

「個人番号カードを申請しない」

メデ ィアのリスト

NHKへ 意見メールを!

チェルノブイリ30年目の真実と福島

緊急事態条項に警鐘!

「小学校道徳教育の驚きの実態」

日米合同委員会 =日米軍のトップ+日本の高級官僚

鳩山元総理が明かす「辺野古新基地」の真相

CV22オスプレイの横田配備

自民党政府の戦争準備

東西ドイツの実験―「過去との対決」

最悪のシナリオ「日本列島が最終処分場に」?!

「神社本庁」は  安倍内閣を支配する極右団体では?

自民党政権の目指す「緊急事態条項」

「国民洗脳マニュアル」

目を覚まそう! 「TPP 大筋合意」?!

「緊急事態条項」の危険性―――「知る」ことは「力」!

戦争に向かわせる力

積極的平和主義

国家緊急権

ドイツのワイマール憲法はいつの間にか変わっていた

「世界平和」に貢献する道を選ぶのか、「共滅」に加担する道を進むのか?

「安全保障関連法」が参議院本会議で暴力的な形で強行採決!

「国民主権」を実地に移そう!

小西洋之議員「憲法奪還の戦いがこれから始まる!」

「雨垂れ石を穿つ」

自公民よ、国民は怒っている!

子孫のために取り入れさせよう

草の根サイト 「戦後70年、私は謝りたい」

山本太郎議員、国会質疑に命をかける!

Nagasaki

小西洋之議員「憲法奪還の戦いがこれから始まる!」

小西洋之議員「憲法奪還の戦いがこれから始まる!」 2015/09/19 岩上安身による緊急インタビュー!http://iwj.co.jp/wj/open/archives/265985

小西「国会は内閣が違憲の法律を出してきたとき、その法案が何故違憲なのかを確信をもって国民に説明し、内閣を倒さなければならない。それが国会の仕事、責務なのです。残念ながら国会議員は勉強不足で安保法案が違憲であることがちゃんと分かっていない。今回、法案を止めるためには、この違憲の法に賛成票を投じた与党議員を揺さぶらないといけなかったんです。これができなかったのは、国会議員と政党に全責任があります。衆参でこれに賛成した議員はけじめをとって落選してもらわなければいけない。

集団的自衛権が違憲であるいうことは『平和主義の制限がかかるから集団的自衛権はできない』とこれまでも言われてきました。でもそれは憲法9条との関係でしか捉えられてきませんでした。憲法の前文と集団的自衛権は全く矛盾するのですが、それがいかに矛盾するか、戦後の議会では一度も議論されていないんです。平和国家を守ろうとは言うが、どういう平和主義が憲法の中に書いてあるか、誰も言ってこなかったんです。反対票を投じる時に、私は憲法の前文を読み上げたんです。平和主義の部分なんですけども。『① 日本国民は政府の行為によって再び戦争の惨禍が起ることのないようにすることを決意し、ここに主権が国民に存することを宣言し、この憲法を確定する(国民主権)

かつての国家権力は、国民と離れたところで戦争の惨禍を起こしました。国民主権とは、ただの国民主権ではない。戦争放棄と結びついたものなんです。国家権力が勝手に戦争を起こすことを許さない国民主権なんです。しかし、集団的自衛権は内閣と国会が起こす戦争です。国家によって戦争を起こすことを許すのが、この集団的自衛権の立法です。ですから、憲法を変えるを持っているのは国民です。国民主権なのだから、集団的自衛権を可能にしたいなら、政府は国民投票で国民の意思を訊かない限り憲法違反なんです。

一方で、個別的自衛権だけは、『外国の侵略があった場合に国民がなぶり殺しにされるのか』ということで、憲法を読み直すことにした。そしたら『平和的生存権』と書いてある。それで、『9条との関係があっても、調和している』という解釈でギリギリ許されているんです。

さらに憲法前文には『そもそも国政は、国民の厳粛な信託によるものであって、その権威は国民に由来し、その権力は国民の代表者がこれを行使し、その福利は国民がこれを享受する』と書いています。

さらに『これは人類普遍の原理であり、この憲法は、かかる原理に基づくものである。われらは、これに反する一切の憲法、法令及び詔勅を排除する』と書いてある。つまり、(憲法に違反する)7.1閣議決定や安保法制などのようなものは、『排除する』と憲法に書いてあるんです。

これを日本の市民の皆さんがみんなで共有する。前文に何が書かれているかをみんなで共有する。安保法制と憲法は矛盾しているとして各党党首にもみんなが言う。新聞も書く。市民とマスメディアが、『なぜ安保法制が憲法違反か』を国会議員に伝えることが、実は非常に効果があります。またそうしないと止められません。」

岩上「戦前を美化する人がいますが、戦前・戦中、国民は主権者ではなく、天皇の従属者だったんです。人間扱いじゃなかったのです」

小西「今回の法案もそうです。戦争できる法案であるのに、立法事実もない。そんなめちゃくんちゃな法案で、日本国民が、死ぬかもわからない戦争に突入し、自衛隊員が戦死するんです。こうなってしまったのも、憲法前文の平和主義を、日本社会全体のものにできていなかったんです。できていれば、昨年の7月1日の閣議決定を止められたんです。

さらに憲法前文は『② 日本国民は、恒久の平和を念願し、人間相互の関係を支配する崇高な理想を深く自覚するのであって、平和を愛する諸国民の公正と信義に信頼して、われらの安全と生存を保持しようと決意した。』と3つの『平和主義』を掲げています。憲法前文の『平和主義』は素晴らしいのです。なのでこれからの運動で、この憲法の3つの『平和主義』理念を、それぞれの人の声で広げていく。諸国民の連携を作っていって、そのことによって日本国民の安全と生存を確保し、平和国家の土台を固めようという運動です。それは、非常に価値のあることです。

③ 『われらは、全世界の国民が、ひとしく恐怖と欠乏から免かれ、平和のうちに生存する権利を有することを確認する。』

詳しくは ☞小西ひろゆきホームページhttp://konishi-hiroyuki.jp/320-2/「・・・そもそも、憲法9条は憲法前文の三つの平和主義が具体化したもの、つまり、ダイヤモンドのように結晶した条文であるとされてきました・・・」

SEALEDsの皆さんも他国の民を殺したくないと言っていますが、まさにそれが前文で書かれているんです」

法案に賛成した与党議員と政府にこの憲法前文をつきつけて、『この法案は憲法前文のこの部分に矛盾していませんか。違憲でないというなら、憲法尊重擁護義務が国会議員にはあるのですから、国民にそれを説明してください。』というようなメールやファックスを与党本部と与党政党本部と政党支部に送りつける。あと公開質問状を出す。そうすると与党議員はだんだん足場がゆらぐようになってきて、ついには安倍政権を変えなければならないという気持ちになってくる。安倍政権を退陣においやることは与党議員を動かしすことによって初めて可能になると考えます。与党議員に安倍内閣を支えるのをやめさせるのが一番効果的なのです。

戦争の惨禍が憲法前文の『平和主義』を結実せたのだと考えられる。これから、憲法前文の『平和主義』を、『憲法奪還する戦い』の柱にしていこう。

ご意見送り先 ☞  国会議員連絡先  http://seiji.yahoo.co.jp/giin/

2015年 9月28日 セワヤキ http://www.sewayaki.de/sewayaki's%20blog.html